MENU

クレジットカードの審査を通過する条件として『安定した収入が見込める』というのが第一にあります。なので、安定した収入も何も、収入自体がない無職の人がクレジットカードの審査を通過するのはほぼほぼ無理と思って良いでしょう。
お金を貸す方も、返す当てのない人やそのまま返済できないで債務整理・自己破産する危険性がある人にお金を貸したいとは到底思いません。
どこのクレジットカード会社に申し込むにしても、無職の場合は通る可能性がゼロと思っていた方がいいかもしれません。

 

ですが、例外はあります。無職でもクレジットカードの審査に通る場合があるのです。
上述したことと正反対なので戸惑う方もいらっしゃるかもしれませんが、無職の人でも置かれている状況によってはクレジットカードの発行ができる可能性が出て来ます。

 

その置かれている状況、というのは

 

  • ・主婦である
  • ・学生である

 

という場合です。
これはそれぞれ、『継続的な収入を得ている配偶者・もしくは親権者の同意がある』のであれば、クレジットカード会社も審査を通す可能性が高まります。
ちなみに、配偶者や親権者にこれまで金融事故履歴がないことや、収入が安定しているなどが条件となります。要は、クレジットカード会社は無職な申込者の方ではなく、カードの実質的な支払いをするだろう配偶者や親権者の信用情報を調べるわけです。
もちろん、申込者本人の信用情報も調べられます。申込者自身が昔金融事故を起こしたことがあったりすると、いくら配偶者や親権者がきちんと支払い能力があると認められたとしても審査を通過することは難しいです。

 

これ以外にクレジットカードを無職の人が持つ方法としては、パルコの株を買うという方法があります。パルコは100株以上を保有している株主にパルコカード・クラスSというクレジットカードを進呈しているのです。