MENU

金融業者からお金を借りた際に、月々返済をおこなう方法が2通りあります。
『振り込み』と『自動引き落とし』です。

 

振り込み……その名の通り、金融業者が指定する期日までに契約の時に取り決めた金額を金融業者指定の口座に振り込む方法です。ただし、大体が1万円単位の返済となるため端数額はいつまでも返せず残ってしまいます。

 

自動引き落とし……銀行や郵便局などの自身の口座から自動的に借り入れたお金を返済していく方法です。細かい金額設定が可能なため、端数が残ってしまうことがありません。

 

上述したとおり、もしも振り込みで毎月返済をしていくのであれば、端数が残ってしまうことを覚えておいて下さい。ただ、安心してほしいのが端数が残っているかと言って金利がついてしまうことは基本的にはありません。
しかし、端数が残っていると言うことは借金をまだ返し終わっていないと見なされてしまいます。なので個人信用情報には『借入中』と記載されているものと考えましょう。
そうなると困るのが、新たにローンを組んだりする時です。キャッシングを完済していない状態と見なされて、審査が通らない可能性があります。
振り込みで返済をしたいけど、端数が残ることで借金継続中と思われるのはちょっと……と思われるのであれば、キャッシング業者の店舗か無人契約機にて解約手続きを取りましょう。
解約手続きをおこなうと、端数の支払い精算ができますよ。
めんどくさいと思うかもしれませんが、自身の個人信用情報を綺麗な状態にしたいということであれば、きちんと端数まで支払いましょう。